子供によって浄化される毎日

まもなく幼稚園に入園する3歳の息子。言葉もたくさん覚えて、最近は会話もいろいろ出来るようになってきたけど、まだまだ言い間違いや勘違い、変に真似たがるなど、毎日笑ってしまう事ばっかりです。
お買い物ごっこをしていて、私が「いくらですか?」と聞くと、「はい!いくらです!」私達夫婦が毎日ビールを飲むので、夕飯時には「○○(息子名)もビールで」とか、下の0歳の妹のオムツを替えていると「あらあらいかんねぇ」など、大人の言葉をそのまま真似します。アンパンマンが大好きでキャラクターのセリフは特に覚えが早く、「○○でごじゃんす(こむすびまん)」などと突然言い出して笑わせてくれます。
歌なんてめちゃくちゃです。聞こえたまま覚えてしまうので、歌っているのをよくよく聞いていると、音程は合っていても「ん?!」と思う節がちらほら・・・ 「じんぐーべーじんぐーべーすすがーなるー♪」「よんひきのーのねずみがーあなぐらにーあつまってーおーさわりー♪」など、まともに読んだらおかしい文章が彼の中で出来上がっていたり。
イヤイヤも激しく、思い通りにならないとすぐ泣いてしまう魔の3歳児ですが、同時に物心つく前の純粋さはやはり素晴らしいものです。人形に命があると思い込んで一生懸命話しかけている姿を見ると、この心をこのまま取っておけたらなっていつも思います。こんなに可愛い間違いや真似っこも、今のうちだけなんだなと思うとすごく貴重に思えてきて、とっさに録画してしまう親ばかです。一年後には生意気な事ばっかり言う憎たらしい坊主になっているかと思うとさみしいなー。


このページの先頭へ戻る